建設現場「見える化大作戦」の取り組み

これまで建設工事現場では、仮囲い等により現場内を閉塞させることが一般的でした。
そのため作業員の働く姿や構築物が出来上がる過程を一般の人に見てもらえる環境としては不十分とも言えます。

そこでデジタル技術を使用した建設現場を公開する今回の取り組みにより
1. 建設業の魅力を広報することによる「担い手の確保」
2. 見られることにより「常時、現場内を整理整頓」
3. 多くの人が見ることで生まれる「事故防止につながる新知見の獲得」
などの成果を期待し、建設業界の促進に向けて実践します。

当社は、YouTubeにてライブ配信をしております。

発注者四国地方整備局 徳島河川国道事務所
工事名令和4-5年度 沼田堤防護岸(その3)外工事
TOP