TO THE FUTURE

井上組は、「安全性と快適性」を基本に
確かな技術と豊富な実績で地域の暮らしと社会に貢献してまいります

企業情報
技術
サステナビリティ
採用情報

企業情報

地域の開発・発展のために

井上組は大正15年の創業以来、一般土木工事業とボーリング工事を主体に、美馬郡を中心に徳島県下全域の公共工事に携わってまいりました。その中でも、特にボーリング工事については、昭和35年より事業展開を図り、県下草分けとして61年の経験と実績を積み、徳島県は元より四国・中国地方に於いても、地滑り対策工事に貢献させていただいております。

技術

未来へ挑戦!ICT施工の取り組み

井上組ではレーザースキャナやドローンなどのICT施工を積極的に取り入れ、作業の効率化に向けた生産性向上を図っています。また欧州諸国での建設現場では標準的な施工方法である「定置式水平ジブクレーン」を積極的に活用しています。担い手の減少が課題となっている中、技能者がいつでも自由に使用できることで柔軟な作業工程となり、安全性・生産性向上に繋がっています。

サステナビリティ

地域の未来に責任をもつ企業へ

井上組では2019年から『SDGs(持続可能な開発目標)』の取組みを開始し、地域の発展に貢献する企業を念頭に、現在7つのゴールに対して活動しています。献血活動など健康分野、小学校での筆育講座など教育、女性技術職の雇用などにより、地域の未来に責任を持つ企業を目指しています。また災害などの緊急事態時に、企業の損害を最小限に抑え事業の継続・復旧を図る計画として、四国建設業BCP等審査会から2011年に認証取得しました。さらに地域に貢献できる「力強い建設業」を目指し、四国・岡山・和歌山の18社で「なでしこBC連携協定」を結んでいます。

採用情報

一人ひとりを大切に、働きやすい環境がある

土木建築業といえば、3Kの代表とみられてきましたが、近年では重機の発達やドローン技術を始めとしたICT技術の導入により様変わりしています。技術者として若い女性が働く姿も珍しくなくなりました。私たちのスタッフにも様々な分野で女性が活躍しています。私たちは安全な現場や働きやすい職場への取り組みもいち早く進めてまいりましたが、今後もさらなる改善を進め、“一生働ける会社”を目指して取り組みを進めています。

WORKS
施工実績

TOP