2016年01月16日 工事事故速報および注意喚起!

関東地方整備局管内の河川工事現場で、係船柱設置準備のため台船上のクレーンを操作中に、JR東日本の送電線(60,000V)の離隔距離(4m)以内にブームの先端が入り、放電を起こした。
この結果、JRの送電が一時止まる事故となった。
架空線の切断事故防止に加え、高圧線等の放電事故も考慮し安全管理を徹底してください。
ご安全に!

(事務連絡)特別高圧架空送電線からクレーンへの放電に関する注意喚起について